ブログ・ワンポイントレッスン

ブログ

【シリーズ】幼児期に習得したい運動感覚3

シリーズでお送りしている。

幼児期に習得したい運動感覚。

シリーズ第三弾は

「回転感覚」です。

回転感覚とは読んで字の如く身体が回る感覚です。

前転・後転等の身体が回転する時に必要になります。

もちろんその先の、バク転や前方宙返りの基礎にもなりますので

しっかりと身に付けておきたい感覚です。

それではレッスンです。

レッスン1:横に回転してみよう!

布団でも全然できる無いようです。

身体を鉛筆の様にして、そのまま横にゴロゴロ転がります。

まずは回転の基礎を取り入れてみましょう!

レッスン2:ピラティスの動きを取り入れて!

今回はピラティスの動きを取り入れて、ご紹介したいと思います。

ローリング ライク ア ボール

と言う動きを取り入れます。

今回も写真でご紹介しましょう!

 

回転感覚1

まずは体育座りの状態から、脚を上げます。

その状態背中を丸めます。

丁度頭から、腰のあたりにかけて

「C」の字を作るように曲げましょう!

 

回転感覚2

そしてその状態で後ろにゴロンと転がります。

先ほどの「C」の字を維持した状態で転がります。

あまり力は入れすぎず「C」の字を保つだけにしましょう!

 

回転感覚1

そして元の状態に戻します。

なるべく脚はつかないで、宙に浮いた上体で戻りましょう!

 


以上の運動を行う事で、前転・後転は簡単にできるようになります。

ポイントは、頭をしっかりと入れて、背中を丸めておく事をキープする事です。

ではここでNG例を見てみましょう!

回転感覚3


背中が伸びきってしまってます。

この状態だと、後に頭をぶつけてしまいますので

前転した時にそのまま、地面に寝てしまう状態になります。
後転の場合も、後ろに転がった時に後頭部をぶつけてしまい、結果回る事ができません。

ポイントをしっかりと押さえ、ゆりかごから前転・後転をマスターして

しっかりと回転感覚を身につけましょう!

そうすれば、バク転も夢じゃないですよ!

次回は「振りの感覚」をお送りいたします!

お楽しみに。

ブログランキングに参加してます。応援ヨロシクお願いします!!

リンクバナー

カテゴリ

カテゴリ

月刊アーカイブ

月刊アーカイブ