ブログ・ワンポイントレッスン

レッスンでの出来事

横浜教室

鉄棒ができないのは腕力が足りないから?

こんばんは。 スポーツひろばの今村こころです。 鉄棒あるある 「腕力(握力)が足りないからできない」 一概にそうとはいえないのです 実は 私がスポーツひろばに入った数年前 大人になった私が直面した衝撃の事実 「逆上がりができない!」 お尻が重い我が身では ぶら下がる事すらままならず ボトッ(秒殺)・・・ ですが! 数か月の練習の結果 大人の私でも この「ダンゴムシ」 ※安納先生大得意! https://ameblo.jp/spohiro/entry-12354374066.html できるようになりました! できてわかった大切なことは2つ 大切なこと1つ目 必要なのは腕力ではなく 脇をしめて体をぐっと固めるような力! 逆上がりのような自重を上げる技 確かに腕力で身体を引き上げるパワータイプのやり方もあり これは体の軽い人(幼児などの子ども)、自重を持ち上げられる腕力(体操選手など)を持つ人はいいですが 大きい人は厳しい・体重の重い人はより厳しい・・・ ということで 大切なこと2つ目 一気に力を入れる「瞬発力」! 逆上がりは、これが成功の秘訣でした。 さきほどのダンゴムシもぐっと身体を固めて10秒ほどは持ちこたえられますが それ以上のどんどん長い時間耐えるとなると持久力も必要 ただ、逆上がりはそのような長時間耐久の必要はなく 勝負は一瞬(か数秒) ただし、正しい方向への蹴りあげ(足)と体の引付け(腕手)が必要です。 スポーツひろばでは ★脚:踏み込み・蹴り上げ ★腕手:身体を鉄棒に引付る と部分に分けて徐々につなげていくことで 成功へと導いていきます 私自身の中で、明確な経験として残っている「できない」辛さ そしてできたまでの過程 「できた」ときの嬉しい気持ちを振り返りつつ 子どもたちと一緒にレッスンに励む今村です。。

カテゴリ

カテゴリ

月刊アーカイブ

月刊アーカイブ